株式会社ナニワパック

  1. HOME
  2. 別注品
  3. OPP・アルミ蒸着・CPP【製袋】
  4. アルミ蒸着袋

アルミ蒸着袋

アルミ袋の材質として、アルミ蒸着やアルミが挙げられます。
ここではアルミ蒸着袋の素材や特徴について詳しく、更にアルミ袋についても簡単にご説明いたします。

アルミ蒸着袋とは

アルミ蒸着袋「ATタイプ」

アルミ蒸着袋「GATタイプ」

アルミ蒸着袋とはCPPフイルムやPETフイルム等の表面にアルミニウムの微粒子を真空蒸着したフイルムを使用した袋です。

一般的に表記されるVMCP(VM-CP)とは「アルミ蒸着CPP」、VMPET(VM-PET)とは「アルミ蒸着PET」のことです。
※VMとは「真空蒸着Vacuum Metallizing(バキュームメタライジング)」の略称です。

弊社のアルミ蒸着袋(テープ付)の素材は「OP/VMCP」、つまりOPPとVMCPを張り合わせたラミネートフィルムを材料(生地素材)に製造しております。「透明度や光沢感に優れている引っ張りに強く伸びない」OPPとアルミの特徴のひとつ「遮光性」、更に「柔らかく裂けにくい」CPPの良さを兼ね備えたアルミ蒸着袋となっております。
トレーディンググッズやノベルティなどの袋として、幅広い業界でご利用頂いております。

「VM」真空蒸着Vacuum Metallizing(バキュームメタライジング)の素材

VMCP(VM-CP) アルミ蒸着CPP
VMPET(VM-PET) アルミ蒸着PET
※PET:Poly Ethylene Terephthalate(ポリエチレンテレフタレート)

アルミ蒸着袋の特徴

遮光性がありキラキラとした光沢が特徴で、中身を見せたくないノベルティー商品を入れたりお菓子の包装や食品包材としても幅広く使用されています。
弊社のアルミ蒸着袋(テープ付)のATシリーズ・GATシリーズ(食品使用を前提としておりません)は、中身を見せたくないノベルティー商品を入れるのに最適です。

アルミ蒸着袋 使用例

アルミ蒸着袋 使用例

  • 缶バッチ、ピンバッチ、メダルなど中身を見せたくないものの個包装に
  • 日焼けなどによる色あせを防ぎたいものの包装用として

アルミ蒸着袋の別注について

既製品以外の使用用途に応じた素材や形状、別注サイズのアルミ(蒸着/箔)袋もオーダーメイドにて製造いたします。
印刷や、空気抜き用の穴をあける事も可能です。

アルミ蒸着袋(ATタイプ・GATタイプ)のオリジナルサイズやテープなしの別注相談や、弊社規格品以外でも「三方袋」「合掌袋」「ガゼット袋」「スタンド袋」「スパウト付スタンド袋」などのお見積やご相談など、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

アルミ蒸着袋ができるまで

アルミ蒸着袋は原材料のアルミ蒸着原反を横巾でカット(熱溶断)して製袋されます。袋の両端(サイド)を熱刃で溶断(シール)するため、この製袋方法は「サイドシール」と呼ばれています。

印刷入りの場合は、印刷済みのアルミ蒸着原反を作ってからの製袋加工という流れになります。

1枚のアルミ蒸着袋ができるまでの工程を写真もあわせてご紹介します。

【工程1】アルミ蒸着原反を製袋機にセットします

【工程1】アルミ蒸着原反を製袋機にセットします

Oアルミ蒸着袋の材料となるアルミ蒸着フィルムをロール状に巻いた原反です。こちらを製袋機にセットします。

【工程2】原反を三角板で半折する

【工程2】原反を三角板で半折する

1枚のアルミ蒸着フィルムの原反を出来上がりの袋の「表」と「裏+フタ」の長さになるように三角板という大きな三角形の板で折り返すように折ります。

【工程3】半折部分を超音波装置で折る

【工程3】半折部分を超音波装置で折る

前工程で半折した部分に、超音波装置で超音波を当てることで熱を発生させながら更にしっかりと折ります。

【工程4】糊コマで糊付けする

【工程4】糊コマで糊付けする

溶剤でサラサラに溶かした糊にくぐらせた「糊コマ」でアルミ蒸着フィルムに糊を付着させます。
溶剤糊が一般的ですが、ご注文内容によってホットメルトなど糊の素材を変える場合もあります。ホットメルトの場合は溶剤糊とは別にホットメルト専用の工程を用意して糊付けしています。

【工程5】乾燥機で糊の溶剤を飛ばす

【工程5】乾燥機で糊の溶剤を飛ばす

溶剤糊の溶剤を乾燥機で飛ばし、糊だけをアルミ蒸着フィルムに定着させます。

【工程6】糊に剥離フィルムを張り付ける

【工程6】糊に剥離フィルムを張り付ける

アルミ蒸着フィルムに定着させた糊の上に、剥離フィルムを張り付けます。
弊社商品の剥離テープは「帯電防止処理済」の静電気防止タイプを採用していますので、剥がしたテープが手にまとわり付かず作業性に優れています。

【工程7】段差ローラーで生地の送りスピードを調整

【工程7】段差ローラーで生地の送りスピードを調整

この段差ローラーによって、ここまでの工程は一定スピードでフィルムを流し、これ以降は出来上がりアルミ蒸着袋の1枚分の幅ずつフィルムを流してカットする瞬間止まるように調整しています。
吊るし穴等の穴あけ加工や箔押し加工を行う場合は、この段差ローラーの後に工程として組み込みます。

【工程8】溶断(シール)

【工程8】溶断(シール)

熱した刃でアルミ蒸着フィルムを溶かしながら切断(熱溶断)していきます。段差ローラーで1枚分の幅ずつ流れて来て止まる一瞬のうちに溶断します。
スピードが速すぎて右の写真では分かりづらいですが、袋の左右で溶断されていく工程です。
これが「サイドシール」の所以です。

【工程9】スタッカーベルトで排出し規定数でまとめる

【工程9】スタッカーベルトで排出し規定数でまとめる

溶断されたアルミ蒸着袋1枚ずつがスタッカーベルトという沢山のベルトの回転によって送られ、排出されます。排出された袋は自動で規定数ごとに数えまとめられます。

【工程10】オペレーターによる検品・梱包

【工程10】オペレーターによる検品・梱包

規定数ごとにまとめられたアルミ蒸着袋は、オペレーターによって厚みやサイズ、溶断部分の強度など仕上がり状態を検品されます。検品後にクラフト紙で梱包し、ラベルを貼って完成です。

印刷について

アルミ蒸着袋は印刷を入れて製袋できます。本体だけでなくフタ部分にも印刷が可能です。
規格品サイズ以外の印刷入りアルミ蒸着袋にも対応いたします。
ぜひお問い合わせください。

印刷について

お問い合わせ

アルミ袋とは

アルミ蒸着袋によく似たものにアルミニウムを薄く伸ばしたものや、機能性を高めるためにアルミ箔に「PET」「ナイロン」「ポリエチレン」「CPP」「クラフト紙」などを貼り合わせたラミネートフィルムを材料(生地素材)にして作られたアルミ袋もございます。

アルミ袋の特徴

アルミ袋は遮光性、防湿性、保香性、バリア性が非常に高く、食品包装用として幅広く利用されています。
その他食品用のチャック付きアルミ袋、スタンドアルミ袋、三方シールアルミ袋、合掌アルミ袋等も多数取り扱いしております。

アルミ袋 使用例

  • お茶、珈琲豆、紅茶などの遮光性が必要なものの包装に
  • 健康食品、サプリメント等の包装に
  • ドッグフード、ペットフードなどの包装に
  • スナック菓子、和菓子、洋菓子などの包装に
  • 冷凍食品、農産加工品、畜産加工品、珍味などの包装に
  • カレーやスープなどのレトルト食品、ゼリー飲料、調味料などの包装に
PAGE TOP